にじーな
  文字サイズ:  
緑区社協事業紹介

福祉教育

福祉教育の推進

 学校において福祉教育に取り組む機会となる「総合的な学習の時間」が取り入れられるようになってから数年が経ちました。緑区内の学校でも福祉教育への関心は年々高まっています。
 また、学校以外の“地域”にも福祉に対する理解は徐々に広まりつつあります。

 緑区社協では、「地域福祉は福祉教育から」という視点で、学校や地域団体等の福祉教育実践に関する相談受付、情報提供、ボランティア講師の派遣調整などを行っています。

 福祉教育の取り組みを新しく始められたい方、進め方に悩んでいる方、福祉教育に協力をしたいけどどこに申し出ればわからない方など、どうぞお気軽にご相談ください。
  

高齢者疑似体験の様子 ガイドヘルプ体験の様子

 

福祉教育の相談依頼受付

 福祉教育として依頼されたいことがある程度決まっている場合は、必要事項をまとめた下記の依頼申込書にご記入の上、本会あてにお送りください。担当より折り返しご連絡差し上げます。 
 

福祉教育相談依頼書(PDFファイル) ダウンロード

福祉教育相談依頼書(エクセルファイル) ダウンロード

 
  内容詳細が決まっていない段階でのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。


 ■「緑区福祉教育のてびき」の発行

緑区福祉教育のてびき

福祉教育実践の参考となるてびきを発行しています。
毎年度改訂版を作成し、緑区内の全小・中・高等学校には、4月上旬頃に送付しております。
必要な場合はお送りしますので、お申し付けください。
 

福祉学習サポーター

 よりよい福祉教育実践の支援をする「福祉学習サポーター」。
(平成18~20年度に名古屋市社会福祉協議会が養成)
 平成23年度現在で緑区内に9名いるサポーターは、隔月で打合せ会を行い、福祉教育に関する事業の企画や運営の相談、情報共有などを行っています。