概要へ    二階へ  三階へ  四階へ 
 
 ◆平松氏の愛好していたもの数点と、彼の歩んできた歴史をご紹介しています◆
平松 茂 氏 
名古屋の実業家
平松 茂 

 小牧市歴史館は、名古屋市在住の実業家、平松茂氏(故人:小牧市名誉市民)が私財を投じて建設し、小牧市に寄贈されたものです
 
石垣墨書石材(詳細へ)
◆歴史館西側石垣背面に堆積していた石垣が崩れた際に流れ込んだ土層から出土◆
墨書部分の赤外線写真 実測図〔縮小〕
墨書部分の赤外線写真 実測図〔縮小〕
史跡小牧山(詳細へ)
◆小牧山の歴史と織田信長との関わりを紹介しています◆

小牧山の模型
甲冑と小刀
◆江戸時代の甲冑と小刀を展示しています◆
小牧城城下町・小牧山城の発掘調査(詳細へ)
◆新町遺跡・上御園遺跡出土の茶碗や皿を展示しています◆ 
 
井戸の復元
 ◆実物大の井戸を復元しています◆
 
平成12年の発掘調査で井戸一基を検出。
上御園遺跡出土遺物
銅銭や釘、小札などを展示しています
上御園遺跡の調査では街路、掘立柱建物、溝、井戸などの遺構とともに、瀬戸美濃産の陶器、素焼の土器、磁器、金属製品などの遺物が数多く出土しています。
近代〜現代の小牧
 ◆明治から現在の小牧市が成立するまでの流れを紹介しています◆
  幕末から明治の初めころには、現在の小牧市域は41の村々から成り立っていました。その後、明治22年の町村制の実施にあたり1町13村に、明治39年には小牧町・北里村・味岡村・篠岡村へと統廃合が進み、昭和30年には北里村を除く1町2村が合併し、愛知県下21番目の市として小牧市が誕生しました。昭和38年には残る北里村も合併し、現在に至っています。(下の写真は明治39年頃の写真)
 
味岡村役場 篠岡村役場 北里村役場 小牧町役場
 味岡村役場   篠岡村役場   北里村役場  小牧町役場 
小牧のまつり
◆古くから受け継がれている主なお祭りを紹介しています◆
 五本棒オマント奉納神事(詳細へ) 五本棒オマント奉納神事
尾張藩初代藩主徳川義直が、小牧村に下賜した五本棒を馬の塔鞍に飾り、義直自らが描いたという猿の絵を旗に仕立て、熱田神宮まで行進して奉納したのが起源といわれている。
平成16年に市指定の無形民俗文化財となる。
 
 野口棒の手(詳細へ)  野口棒の手
毎年10月第2日曜日に野口神明社の祭礼に奉納。
昭和45年に市無形民俗文化財に指定。
 秋葉祭(詳細へ)  秋葉祭
毎年8月第3土曜・日曜日には、小牧神明社の境内にある秋葉社の祭礼が行われる。昭和57年に山車4台が市の有形民俗文化財に指定。
 小牧祭(詳細へ)  小牧祭
毎年4月第2日曜日には、小牧神明社の春祭が行われ、山車が出て、山車舞台で子供の舞踊などが演じられます。
昭和60年に山車1台が市指定有形民俗文化財となる。
 大草棒の手(詳細へ)  大草棒の手
毎年10月第2日曜日に大草の大久佐八幡宮の祭礼に奉納。
昭和58年に市指定無形民俗文化財となる。
小牧の民俗
 ◆養蚕業などで使われていた農具などを展示しています◆ 
 民俗資料は、わが国固有の人々の生活の推移を知り、風俗習慣等を永く伝えていく上で欠くことのできないものであり、われわれの日常生活に最も密着したものです。これらの民俗資料は、急激な産業経済の発展や社会構造の変化に伴って、時代とともに次第に失われつつあります。特に生産産業部門のうち、農業に関わる農具にはその傾向が顕著に現れています。
 小牧市では、こうした貴重な資料の消滅を防ぎ、後世に伝えるため、市民の皆様のご好意により民俗資料を収集・保存しています。
 
正眼寺の誕生仏
 ◆銅像誕生釈迦仏立像(レプリカ)の展示をしています
 誕生仏(詳細へ)
国指定重要文化財
昭和63年6月6日指定
 
誕生仏は釈迦の誕生時に右手は天を指し、左手は地を指して『天上天下唯我独尊』と唱えた様子を表している。 

 7世紀中頃の製作と見られ、我が国の誕生仏の中でも最古のものの一つです。
商家コーナー
 ◆明治初期の小牧の商家の一間を再現しています◆ 
商家の一間   
叢書・文化財の紹介
 小牧叢書   単価 (円)   小牧の文化財    単価 (円)
1.こまき昔話  440 第十一集小牧の米作・麦作と養蚕  750
2.小牧山と江崎氏  440 第十二集小牧の絵馬  860
3.大山廃寺遺跡概説  440 第十三集小牧の馬頭観音と道標 650
4.小牧の古文書 560 第十四集小牧神明社の三大祭  860
5.西行法師木像流転録 540 第十五集小牧の石地蔵  840
6.小牧の三十三所観音信仰  540 第十六集小牧の棒の手  780
7.小牧の民俗  430 第十七集小牧の御嶽信仰の石造物  1,060
8.津田応助と象山文庫 430 第十八集小牧の地名T  1,090
9.江崎家文書(抄)  370 第十九集小牧の地名U 880
10.小松寺文書  540 第二十集小牧の歴史 1020
11.小牧のむかしむかし 430   
12.小牧の道  790
13.小牧の石碑  1,040
14.小牧の産業史話  540
15.小牧の産業史話(2)  540
16.小牧山城  690
17.続・小牧山城  650
18.小牧宿  640
19.小牧の川・用水  790
20.太平洋戦争と小牧  490
その他
小牧散歩T  1,030   小牧市文化財図録 1940
小牧散歩U  1,030   織田信長と小牧 920
小牧の神社 1,650 小牧の神社〜資料編〜 19001900
小牧の寺院
 2,090    麒麟の城 45045450

前へ戻る